パソコン故障.com

パソコンが故障かな?修理前にチェック!症状別診断

故障原因を調べよう

ハードディスク(HDD)に異常がでたら?対処法と診断ソフトウェアを紹介

投稿日:2019年7月24日 更新日:

ハードディスク(HDD)に異常がでたら?対処法と診断ソフトウェアを紹介
パソコンに何かしらの異常がある場合は、ハードディスクが問題のことも多いです。小まめにハードディスクを診断すれば、その分、異常の原因を早く追究できるようになります。
すべての原因がハードディスクとは限りませんが、知っておくことで時間を短縮できますので、今回は対処法やおすすめのソフトを紹介します。

ハードディスクに異常がでたときの対処法と診断ソフトウェア


はじめにハードディスクを診断してみよう

ファイルの読み込みが遅かったり、コピーが失敗したりする時は、ハードディスクに異常がある可能性が考えられます。下記の診断方法を試してみましょう。

ハードディスクの診断は、Windowsでは「コンピュータ」を右クリックしてメニューの「プロパティ」から確認できます。「プロパティ」から「ツール」のタブを選び、上部の「エラーチェック」を選択すれば診断が始まります。

Macでは、はじめに「Dock」の「Lanchpad」をクリックします。その後、様々なアイコンから「その他」を選び「ディスクユーティリティ」へと進みましょう。あとはチェックしたいハードディスクを選び、上部タブの「First Aid」項目から「ディスクを検証」をクリックすれば診断が開始します。

ただし、この方法は時間がかかります。手軽に利用するなら無料で使えるフリーソフトがおすすめです。


ハードディスクの状態を確認するソフトウェアの紹介

ハードディスクの状態は、フリーソフトを使う方法でも確認できます。「CrystalDiskInfo」というソフトは、インストール後に起動すれば簡単にハードディスクの大まかな健康状態や電源投入回数、使用時間、温度などをまとめてみることが可能です。

状態確認は一目で分かりますし、とにかく時間がかかりません。さらに、ソフト下部の項目では、ハードディスクの自己診断機能(S.M.A.R.T.)を使ってエラーが起きた回数を診断することもできます。

下部項目の「現在値」「最悪値」の数値は、使っているハードディスクの記録を表しています。記録と比較して、すぐ横にある「しきい値」(メーカーが設定した最低基準値)の数値が下回る場合は、何かしらの異常が考えられます。

時間をかけず手軽にハードディスクの状態を確認できますので、異常を疑っている際には導入してみましょう。

ただし、ソフトで異常が見つからない場合でもハードディスクに故障がある可能性もありますので、簡単にチェックできる目安、との認識に留めましょう。


ハードディスクに異常がある場合の対処法

基本的に、異常がある場合は、すぐに外付けハードディスクなどにデータをバックアップしましょう。小まめに保存するのがなにより重要です。

また、今回紹介したパソコンにはじめから付属した診断方法には、異常箇所を修復する機能もあります。具体的には、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」方法と、「不良セクターをスキャンし、回復する」という2つの対処法で異常を修復します。

前者はシステムの内部構造の矛盾を修復するのに対し、後者は異常がある部分を使わないという対処法です。いずれにしろ、軽い症状であれば、続けて利用することも可能です。

ただし、毎回エラーがでる、故障箇所が目に見えて多くなるなどの場合は、買い替えを検討しましょう。


ハードディスクを診断・確認する方法と異常が起きた時の対処法を紹介しました。参考にしていただき、修復・保存を小まめに実行してください。また、買い替え時は症状やデータを見ながら早めに対処するのがおすすめです。


-故障原因を調べよう
-, , , , ,

Copyright© パソコン故障.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.