パソコン故障.com

パソコンが故障かな?修理前にチェック!症状別診断

故障原因を調べよう

パソコン(PC)の電源ユニット交換手順!写真を撮りながら作業を

投稿日:2019年7月23日 更新日:

パソコン(PC)の電源ユニット交換手順
パソコン(PC)の電源ユニットは、交換することの多い消耗品で、2~5年おきに交換となる場合が多く見られます。電源ユニットにはさまざまなコネクタがあるため、何も考えずに全部取り外してしまうと、どのように接続すればいいか分からなくなることもあります。
今回は、電源ユニットの交換手順と注意点を分かりやすく解説します。

パソコンの電源ユニット交換手順と注意点


電源ユニットを買いに行く前に現在の状態を写真&メモで記録

電源ユニットを買いに行く前に、忘れずやっておきたいことは、パソコンの中を一度開けて、現在使っている電源ユニットの写真をスマホで撮影することです。撮影ポイントは以下の2点です。

  • どのようなコネクタが接続されているか
  • メーカーの型番や使用ワット数が分かる部分
  • 各電源のスペック表

さまざまなコネクタが接続されているはずなので、すべて撮影してください。マザーボード、CPU、グラフィックボード、光学ドライブ、HDD、SSDに対応するコネクタがあるはずです。

また、電源に接続しているパーツの型番も念のためメモを取っておきます。「自分のパソコンが使用しているパーツとか全然分からない」という人は、「CPU-Z」というフリーソフトなどを使って情報を収集してメモしてください。

電源ユニットを買いに行くときや、どの商品を選べばいいかを店員さんに質問するときに、この写真とメモは役立ちます。また、後から電源ユニットを交換するときにも使えます。電源ユニットの交換に成功して動作確認が終わるまで、写真は削除せずに保存しておきましょう。

電源ユニットを買いに行こう!ワット数と種類を確認

写真が撮れたら、電源ユニットを買いに行きましょう。電源ユニットを購入するときのチェックポイントは3つあります。

  • ワット数は現在使用している電源ユニットと同等以上の商品を選ぶ
  • 使っているコネクタがすべて使える電源ユニットを選ぶ
  • 80PLUS認証を受けているかどうか

80PLUS認証とは、電源の変換効率が80%以上であることを証明するものです。この認証を受けている電源ユニットは、省エネかつ静穏性に優れています。変換効率の高さにより5段階ありますが、最低ランクでも変換効率は80%以上あるので、このマークがついていれば大丈夫です。

これらのポイントが自分で判断しづらい場合は、電源ユニットを販売している店員さんに確認してから購入しましょう。


電源ユニットの交換手順

電源ユニットが手に入ったら、早速交換します。交換手順を順番に見ていきましょう。

  1. パソコンの電源を落とし、コンセントから電源ケーブルを外し、キーボードやマウス、液晶モニタにつなぐケーブル等、パソコンに繋がっているすべてのケーブルを抜いておきます。ドライバーを使うなどしてパソコンのカバーを開けます。
  2. 電源ユニットから各種コネクタを抜く前に、写真を撮っておきます。
  3. 電源ユニットから各種コネクタを抜いていきます。コネクタを抜くのに、他のパーツを外さないといけない場合もあるかもしれません。その際は、パーツを外す前に、念のためどのような状態だったかを写真撮影しておきましょう。
  4. すべてのコネクタを外したら、電源ユニットをパソコン本体から取り外しましょう。ネジで固定されているのを外します。
  5. 交換する電源ユニットを取り出し、マニュアルを見ながら接続していきます。まずは、電源ユニットを本体にセットしましょう。
  6. 電源ユニットに付属しているケーブルを1本1本、電源ユニットと各パーツ(マザーボード、CPUなど)に挿していきます。電源ユニット側にまずケーブルをすべて挿してから、各パーツとつなげていく方が分かりやすいかもしれませんが、そのあたりは各自やりやすい方法で構いません。撮影した写真も活用しながら進めていきましょう。
  7. パソコンのカバーを閉じ、電源プラグを元通りコンセントにさして電源を入れます。
  8. パソコンが通常通り起動し、各パーツが使えているかを確認して、電源ユニット交換完了です。お疲れ様でした。

電源ユニットを交換するときの注意点

電源ユニットを交換するときの注意点は以下の通りです。

  • コネクタを抜くたびに写真を撮る
  • 精密機器を扱うので丁寧に

抜いた順番も把握するために、コネクタを抜くたびに記録を取る感覚で写真撮影してください。少し面倒ですが、この手間をかけるだけで失敗はほとんどなくなります。後は、精密機械を取り扱うので、コネクタの抜き差しなどは丁寧に行ってください。


電源ユニット交換でよくある失敗は、現在の状態がよく分からないまま現在の状態と合わないユニットを買うことです。そして、接続状態を記録せずにすべて外してしまい、接続し直すときにどうすればいいか分からなくなってしまうことの2点です。これらの失敗をしないよう、写真などで現状を記録してから新ユニットを購入して作業を進めましょう。


-故障原因を調べよう
-, , ,

Copyright© パソコン故障.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.