パソコン故障.com

パソコンが故障かな?修理前にチェック!症状別診断

故障原因を調べよう

パソコン故障時の買い替えはケースバイケース

投稿日:2019年5月21日 更新日:

パソコン故障時の買い替えはケースバイケース

パソコンの買い替え時に知っておきたいこと

パソコンを使用していて、特に遅い、重いなどの不満が無ければ、買い替える必要はありません。ですが、故障した場合など、状況によっては買い替えが必要になることも確かです。では、どのような場合に買い替えると良いのでしょうか。買い替える場合にも、人気モデルを購入したつもりであるのにもかかわらず、機能が足りない、余計なソフトが多くて満足できない、という事態を招くこともあるようです。今回はパソコンの買い替え時をご説明するとともに、買い替えの際に知っておきたいことにも触れていきます。

買い替えを検討する典型的なケースは?

買い換えた方が良い典型的なケースは、普通に使用できるが動作が重い場合です。といっても、パフォーマンスを優先するような設定にしたり、余計なソフトを削除したりすることで、パソコン全体の動作がスムーズになることもあります。したがって、適切な対処をしたうえで、それでも一向に状況が改善されない場合に、パソコンを買い替える必要があると判断するのが無難です。いつまでも動きの遅いパソコンと格闘していてもらちがあきません。毎日感じるストレスは買い替え時を示す合図だと受け取るのが賢明だといえるでしょう。

新しい目的が出てきた時

例えば、仕事の都合で買い替えを検討する場合です。外出先でもパソコンを使用したい場合は必然的に持ち運べるサイズのノートパソコンに買い替えなくてはなりません。また、ノートパソコンを持っていてもバッテリーが持たない場合があります。そのようなケースではバッテリーが長持ちするもの、あるいは、タブレット型パソコンなどの外付けモバイルバッテリーが使用できるものを選ぶ必要が生じます。また、ゲームをしたり、4Kなど高精細な動画をスムーズに見たりする場合には、ノートパソコンから性能の高いデスクトップ型のパソコンに買い替えを検討した方が良いかもしれません。このように新しい使用用途が出てきた場合にパソコンを買い替えることは自然な流れだと思います。

パーツの買い替えで対処することも可能

パソコンの買い替えが必要となる状況の一つに、ハードディスクの故障があります。急激に動作が遅くったり、最悪の場合は、パソコンが起動しなくなることがあります。ハードディスクは非常に精密な機械機構を内蔵しているので、使い方、環境によっては購入後一年以内など非常に短い期間で故障してしまうこともあり得ます。しかし、購入したばかりのパソコン全体を買い替えるのではコストの面で報われません。そのような場合はパソコン全体の買い替えではなく、問題が発生しているハードディスク単体での交換を検討しましょう。データが復元できるかどうかはバックアップ状況にもよりますが、パソコンとしては問題なく利用できる可能性が高いです。メーカーまたはショップのサポートに依頼するのであれば、合わせて性能が時代遅れとなったパーツを交換してもらってお気に入りのパソコンをもっと便利に使いやすることもできます。ノートパソコンなどはハードディスクをSSDに交換することで非常に快適な動作に生まれ変わることも。パソコンが故障した時にパーツを取り換えるという選択肢は覚えておいて損はないでしょう。

買い替えの際に知っておきたいパソコン

買い替えの際には、購入候補として把握しておきたいのがBTOパソコンです。BTOとはBuild To Order、つまり受注生産のことで、BTOパソコンとは注文時にパソコンを構成するパーツを選択できるパソコンです。構成パーツの組み合わせによっては市販のものより高性能のものが手に入るだけでなく、完成品としての在庫を持たないために販売側の在庫負担も少なく、カスタマイズ受注をスムーズに行う必要があることからインターネット通販など顧客とダイレクトに連絡が取れる仕組みを整えているショップも多く見られ、不要なソフトが入っていないことも重なり、結果的に、大手国内メーカーのパソコンと比較してお手ごろな価格で購入できる場合が多いことも魅力です。ゲームタイトルに合わせて利用しやすくカスタマイズをしてくれるショップや、故障したパソコンを下取りしてくれるショップもあるので、買い替え時には買い替え支援的なサービスについて相談してみると良いでしょう。

-故障原因を調べよう
-

Copyright© パソコン故障.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.